FC2ブログ


北国店主の勝手なブログ
北海道・十勝・然別湖の麓から勝手、気儘に地域情報をお届けします。 鹿肉ジンギスカン・OHANAアイス・自家製無農薬栽培のハーブ製品。 tel&fax 0156-66-2740 E-mail genntajiji@ybb.ne.jp
>> ホーム
>> RSS1.0
プロフィール

サッカー大好き店主です

Author:サッカー大好き店主です

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告
[ --/--/--(--) --:-- ]

この本、お勧めです!
今日の、十勝・鹿追町は晴れています。今朝は今年一番の冷え込みでした。


つい最近読み終わった本です。

笹川稜平「素行調査官」と西澤保彦「スナッチ」

笹川稜平の「素行調査官」はあまり知られていない監察を

主人公にした本です。

西澤保彦の「スナッチ」はSFとミステリーと医学をミキサーに

かけたような作品です。

ほ


あまり深く考えないで読むとけっこう楽しめる作品だと

思います。
スポンサーサイト
最近読んだ本 | トラックバック:0 | コメント:0
[ 2008/11/25(火) 15:08 ]

延長2回ですが・・・・。
図書館から借りている本ですが、なかなか読み

終わりません。

最近どうも読むのが遅くなったようです。

昔は図書館で借りるだけでは足りず自分でも

かなりの冊数を買っていましたがこのごろは

図書館で借りるだけで充分です。

ほ


好きな作家のトム・クランシー「叛逆指令」です。

読み終わらないので2回目の延長で借りています。
最近読んだ本 | トラックバック:0 | コメント:0
[ 2008/10/29(水) 19:08 ]

馳 星周『弥勒世』!
弥勒世


馳 星周の『弥勒世(みるくゆー)』。

返還前夜の沖縄を、施設育ちの主人公とその仲間の視点から

描いたエンターメント。

第二次世界大戦の平和条約で1951年(昭和26年)に署名された日本国との平和条約(サンフランシスコ平和条約)では、潜在的な日本の主権は認めながらも沖縄はアメリカ合衆国の施政権下に置かれるものとされ、1952年(昭和27年)4月28日に発効した。そこでアメリカは「行政主席」を行政の長とする琉球政府を置き、公選の議員で構成される立法機関「立法院」を設けるなど一定の自治を認めたが、最終的な意思決定権はアメリカが握ったままであった。

1950年に朝鮮戦争、1959年にベトナム戦争がおこり、アメリカは施政権下においての琉球自治から軍事基地としての重要性の方向に変わっていく。その間にも沖縄の各地に半ば力ずくでアメリカ軍基地・施設を建設し、またアメリカ兵による事故・事件が頻発し住民の死傷者も相次いだ。このころから住民はアメリカの施政に落胆し、住民有志は「島ぐるみ闘争」といった抵抗運動を起こす。日本の佐藤栄作政権は1970年(昭和45年)に予定される日本国とアメリカ合衆国との間の相互協力及び安全保障条約延長と共に沖縄の本土復帰を緊急の外交課題としたが、70年安保延長反対を唱える日本社会党や日本共産党は安保と同列の沖縄返還論に反発し、新左翼や学生運動、各種労働組合までも反安保・反返還の一大運動を日本国内で繰り広げた。しかしこれらは、沖縄住民の運動とはほとんど結びつかず、住民の真意とはかけ離れたものとなった。

1970年(昭和45年)12月20日未明、沖縄本島中部のコザ市(現・沖縄市)で米軍兵士が連続して起こした2件の交通事故を契機にコザ暴動が発生した。常日頃から米軍兵士が優遇され沖縄住民が不当に差別されたことに対するコザ市民の怒りが表面化したもので、これ以上沖縄をアメリカ軍政下に置くことは適当でないと内外に知らしめた。(Wikipedia)

ベトナム戦争も絡んだ当時の世相描写は、団塊世代には共感できるのでは。

ちなみに、1973年3月29日にアメリカ軍がベトナムから撤退を完了しました。
最近読んだ本 | トラックバック:0 | コメント:0
[ 2008/03/29(土) 18:44 ]

有川 浩『阪急電車』!
阪急


図書館戦争シリーズの「有川 浩」の最新刊『阪急電車』。

40年以上前の思い出が沸々と甦ってきます。

西宮・宝塚・塚口等々懐かしい名前が登場し、

当時、祖父母や両親と乗った電車を思い出します。

阪急だけでなく、阪神・近鉄や南海電車で父に連れられ

通った藤井寺・大阪・甲子園球場。

パリーグファンだった父。

良い本を読ませていただき、有川氏に感謝。



最近読んだ本 | トラックバック:0 | コメント:0
[ 2008/03/09(日) 10:42 ]

貴志祐介・新世界より!
新世界より


昨日、図書館で借りてきた本です。

彼の本では、「黒い家」・「天使の囀り」などを読みましたが、

あまりピンと来ませんでした。

そのような作家の本を又、借りて読もうと思ったのはなぜか。

作品紹介にあった「1000年後の日本・ここは汚れなき理想郷のはずだった」

の一文に惹かれたからです。

まだ読み始めたばかりですが、設定地域では、町長より

図書司書のほうが社会的に重要な設定になっているようです。

少し期待がもてそうな本です。

上下巻ですので、読み終わるのにけっこう時間がかかると

思いますが、楽しみながら読んでいきます。

PS:「図書館戦争シリーズ」の有川浩の新刊「阪急電車」も

同時に借りてきました。子供のころに乗った阪急電車を

思い出し借りてみました。読むのが楽しみです。
最近読んだ本 | トラックバック:0 | コメント:0
[ 2008/02/25(月) 10:59 ]

次のページ
copyright © 2018 北国店主の勝手なブログ all rights reserved.
Powered by FC2ブログ. / NetMania


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。